ファンデーションは、なぜか肌に悪そうなイメージがありますよね。

実際に、なんと7割もの女性が「ファンデーションは肌に悪いもの」と認識しているようです。


このページでは、ファンデーションは肌に悪いアイテムなのか?について私なりに解説しています。

答えを言えば、これはいわゆる“都市伝説”であることが判明していて、実際にはファンデーション自体が悪いわけではないんです。

ただし、ファンデーションは使い方次第でお肌にいいこともするし悪さもする、ということなんです。

以下、よかったら読んでみてください。

女性の7割は「ファンデーションは肌に悪い」と思っている!

Q.ファンデーションは肌に悪い気がする?
1位 そう思う         20%
2位 ややそう思う       24%
3位 どちらかというとそう思う 27%


Q.肌に悪いと考える理由は?
 毛穴がつまりそう       66%
 肌呼吸しづらくなりそう    53%
 吹き出物が出やすくなる    26%
(2018年6月資生堂によるファンデーションに関する調査のニュースリリースより引用、詳細: 「ファンデーションは肌に悪い」は都市伝説? 誤解している女性は7割に


これは資生堂の調査結果ですが、わたしもこの7割の女性と同じで、これまではファンデーションて根本的に肌に悪いアイテムだと思ってました。

どうやら、“ファンデーションは肌に悪い”という都市伝説の背景としては、悪いものが入っていた古い時代の“おしろい”のイメージが残ってしまっているのでは?と推論されています。

昔は白粉(おしろい)には鉛が入っていた時代もあって実際にそれが原因で歌舞伎役者さんが鉛中毒になったりして女性ファンの間でそれが話題になって、みたないことがあったみたいですね。

あと、徳川家の将軍様で短命な人が多かった理由として、お母さんや乳母たちの白粉を赤ちゃんの頃に吸ってしまっていたのでは?なんて話も聞いたことがあります。

なぜ将軍の子どもたちは短命だった?〜ある疑惑!

多くの子どもをもうけた将軍家斉や家慶、しかし成人した子ども、とくに男子は少なく、病気がちであった。その背景に、おしろいに含まれた「鉛」や「水銀」があったのではないかとの仮説を立ててみた。


はい、今は、鉛入りのファンデーションなんてものは、もう絶滅しているわけですね。

じゃあ、ケミカルな人工成分は大丈夫なの?
と思ってしまいますが、どうも今はかなり基準が厳しくて、使われている成分は安定性のものがほとんどで夜に洗い落とす前提であれば、ほぼ肌への負担は無害の成分ばっかりだと考えて良いようです。
(むしろ逆に言えば、自然・無添加のものは洗い落とさないと酸化して肌に負担をかけます・・・つづきは下で)


資生堂ではこの調査とあわせて、実際にファンデーションで毛穴が詰まるか?皮膚呼吸が妨げられるか?という実証実験も行って調査結果と一緒に報告しています。

<全国の女性5,000人に聞いたファンデーションに関する意識調査> 「ファンデーションは肌に悪い」は都市伝説? 誤解している女性は7割に|株式会社資生堂のプレスリリース

株式会社資生堂のプレスリリース(2018年10月22日13時00分)<全国の女性5,000人に聞いたファンデーションに関する意識調査> [ファンデーションは肌に悪い]は都市伝説? 誤解している女性は7割に
資生堂さんもファンデーションに対して誤解があることに危機感を持ったんでしょうね。
これらを反映させたファンデーションに関しての啓蒙するサイト「ファンデ100問100答」が作られています。

すごくわかりやすいので、ファンデというコスメをイチからおさらいするにはおすすめですよ!

ファンデ100問100答| ファンデのことが楽しくわかるメディア | 資生堂

「ファンデ100問100答」は、100の問いと答えを通じて、ファンデのことが楽しくわかるメディアです。
結論として言えることは

「ファンデーション自体は肌に悪くない」

ということですね!

ずいぶんファンデーションに対して誤解していたんだな・・・と思ったわけです。


いくつか肌にいいファンデーションに関わるポイントをピックアップしておきますね!

@毛穴に詰まるのはファンデーションではなく、皮脂

ファンデーションを塗っても
  • 毛穴は詰まったりはしない
  • 毛穴からは皮脂もちゃんと出る
  • 毛穴からは皮膚呼吸の結果として水蒸気も出されている

資生堂さんの実験では、ファンデーションを塗ってもお肌には問題ない、ということが実証されています。

そもそも毛穴は小さくてファンデの粒子のような大きいものは入らないんだそうです。

じゃあ毛穴に何が詰まるのか?というと、古くなった残留した皮脂で、それが雑菌や、ニキビのもとになるアクネ菌と結託して悪さをする、ということだそうです。

ちなみにファンデーションの粒子は毛穴にとどまった皮脂を除去する手助けをしてくれるとのこと、皮脂を吸着させるんですね!

ファンデーションが肌に悪いと言うよりも毛穴の中で古くなった皮脂肌の乾燥に問題があるわけです。

そしてその上にファンデやコスメの残存物が残っていると、更に状況が悪くなる、というわけです。

一度塗ったファンデーションは、時間が経てば経つほど酸化してしまって、健康な素肌の弱酸性とケンカしだすんですね。



Aファンデーションは、お肌を保護してくれている!


ファンデーションを塗ることで、お肌を外部からの刺激から守ってくれているんですね。

いま、かなり多くのファンデーションにはUVケアの日焼け止めの成分が配合されていたりしますよね。

お肌の一番の大敵は紫外線ですが、ファンデーションはこの紫外線やアレルゲンの花粉やアレルギーの誘発物質といわれるPM2.5などの刺激物、そしてお肌を乾燥から守ってくれているわけですね。


Bファンデーションが肌にいいか、悪いかは、メイク落としがすべて!

最近のファンデーションの中には、赤ちゃんがキスしてきても大丈夫、と言われるくらい自然で害のないものや美容・美白によい成分を配合しているものも出てきています。

したがって、以前よりもずっと長時間つけっぱなしでも大丈夫ようにはなっています。

でもお肌に乗せられたコスメは、時間が経てば経つほど酸性に変化してしまいます。
いつまでもこの古くなったコスメのカスを乗せておくとお肌は基本的に弱酸性なので、このバランスを壊すことになってしまいます。

なので、外出から戻ったら早めにメイクオフするようにしたほうがいいですね。

また日々、肌は新陳代謝で新しく生まれ変わろうとしていて、その体内のメンテナンスは主に寝ている間に行われますので、やはり毎日の睡眠の前にはきちんと洗い流して睡眠に入るようにしたほうがよいでしょう。

まとめ
お肌に良くて、ちゃんと機能するファンデーションでも、毛穴やお肌の自然な状態を阻害するような使い方をしていると、それは肌にいいファンデーションではなくなってしまう、ということですね。


「ファンデーションは肌に悪い」という都市伝説は、正しくもあり、誤りでもある、ということ。

ファンデーションが
肌にいい理由

ファンデーションが
肌に悪い理由

日中の様々な外的刺激からお肌を守ってくれる
(UVケア、ホコリ、乾燥)
しっかり洗い落とさないと肌の新陳代謝に影響が出やすい

※“肌は排泄器官”
※夜間のメンテナンスを活かすなら、就寝前のメイクオフは不可欠
※毛穴の皮脂や肌に残留物が酸化して肌に負荷をかけて、新陳代謝が滞る

ファンデーションは肌にいいコスメアイテムとして機能できる、ということはわかったかと思いますが、きちんと就寝前にはメイクオフをしたほうがいい理由について、もう少し整理しておきますね。

人間のお肌は、実は人間の身体においての“排泄器官”としての重要な役割があります。

毛穴から汗を通じて老廃物を排出するとか皮脂を出す、ということだけでなく、肌全体を垢として体外に放出しているわけです。

ファンデーションをつけていてもこの機能は稼働し続けるわけですが、これらがお肌の上に残っていると時間とともに酸化します。
健康なお肌は弱酸性なんですが、この酸化で傷められてしまいます。
そして新陳代謝や排泄器官としてのお肌の機能が弱ってきてしまうわけですね。

もっと言うと、それ以前の問題として、年齢肌ならお肌の角質などが居座っている。
そこに、さらにお化粧の残存物(酸性)が乗っている、という構造になるわけです。

これでは、なかなか肌の状況は改善されませんよね。

はい、もうアラフォー、40歳超えのわたしなんかは年々そういう状態になるわけですね。
日々これを実感しちゃっていますが・・・。

繰り返しますが、ファンデーションがお肌に悪いわけではなく

  • 新陳代謝が滞ったお肌の角質は、ちゃんとケアされてるか?
  • 毛穴の皮脂は残っていないか?
  • お化粧の残存物が残っていないか?

というように毎日のクレンジングや洗顔がちゃんとなされているか?が問題なんですね。

そして、いずれにしろ、ファンデーションに対してなんでもかんでも期待する、というのは違うと思うんですよ。

ファンデーションはファンデーションとしての機能と役割があって、決して美肌づくりの主役を張れるわけではないんです。



そうは言っても、毎日社会生活を送るためには、ファンデーションは必要不可欠。
なんとか自信をもって使えるアイテムがほしいところですね。

(できればデパコスのような高価なものではなく、プチプラw)


ちなみに、今回、友人とお試ししてみて、二人共から評価が高かったファンデーションはこれ。

「素肌を大事にする」というのが、商品設計のコンセプトみたいです!

リソウのリペアファンデーション






【まとめ】ファンデーションは肌に悪いのか?

  • ファンデーション自体はお肌に悪くはない(というか、メリットもたっぷり)
  • 肌に悪いのは乾燥と、毛穴まわりの残存皮脂
  • これを助長するのが、お化粧の残存物(酸性)
  • つまり「いい肌」のためには洗顔・クレンジングとその後のスキンケアが大事

ファンデーションを使うことで、日中のオンタイムはもっとキレイになって楽しく過ごしましょう!

じつはファンデを使っている間は、ファンデがちゃんと外部の刺激からお肌を保護してくれます。

そして、帰宅したあとのオフタイムは、しっかりファンデもコスメも落として、お肌の自律的なメンテナンスがやりやすいようにしてあげましょう!
ポイントは、コスメや老廃物をちゃんと除去するクレンジングと洗顔、そしてその後の保湿ケアです。

あ、バランスの良い食事と睡眠、これも大事ですよ!

ファンデーションは、オンとオフをしっかり分けて使えば、決して肌に悪いわけではないことがおわかりいただけたかと思います。

 

「肌に優しいけど落ちにくい」

 

そんなクレンジングミルク
課題を解決した
デパコスに負けないクオリティ

17033

 

 

 

TOPへ