そもそも健全なお肌って、どういう状態なのか気になりますよね。

お肌の健康な状態をしっかり認識して、その状態を維持できるように頑張りましょうね!


ポイントは、その瞬間のお肌を考えるだけでなく、時系列・時間軸でお肌のことを考えることですね。

生まれ変わりを続けるお肌を応援する!ということですね。

美肌をつくるための4つのポイント!

  1. 肌が乾燥していない
  2. 毛穴が健全に可動している(皮脂の分泌活動が正常)
  3. 新陳代謝がちゃんと行われている
  4. 血流・血行やリンパの流れが正常

(もちろん背景として、バランスの良い食事とか、精神面でストレスと上手に付き合っている、とかも重要)

ざっくりですが、良い肌の状態って、こんな感じですよね。

考え方ですが、その瞬間の評価、ということもありますが、人間のお肌って常に動いているので、時系列、時間軸で評価しないとダメですね。
一時的に良くてもダメ、今ダメでもターンオーバーとともに徐々に良くなればOK。

一番キレイなお肌というのは、古くなった角質が取り除かれた後の“生まれたてのお肌”なんですね。

つまり「いいお肌」としては、ちゃんと新陳代謝が行われているか、が問題なわけです。


ファンデーションを塗ろうが塗るまいが、お肌のこういった活動はどんどん行われているので、「肌にいい」というのは、この普通のお肌の活動を支えてやるということなんですね。


お肌の一番の問題は、肌の乾燥。

肌が乾燥すると毛穴が皮脂を分泌して調整しようとするんですが、これがちゃんと機能しないと、肌を固くしたり、シミを発生させてガードしようとして、新陳代謝が滞るわけです。

こうなると血流も怪しくなるので、さらに新陳代謝のちからが弱くなってしまうわけで。

その意味では、お肌を紫外線やホコリと乾燥から保護する、という面でファンデーションを塗ることはとてもお肌にいいことなんですね。

でもそれはあくまでサポート程度。

美肌を作るのはあくまでお肌自身。
お肌が自律的に生まれ変わるチカラを応援して信じることが大事ですね。


ファンデーションは塗って楽しむ(=日中はお肌も保護される)

そして

メイクオフした後は、明日のファンデの乗りを楽しみにしながらスキンケア。

こういうことですね!


 


今回、友人とお試ししてみて、二人共から評価が高かったファンデーションはこれです。

「素肌を大事にする」というのが、商品設計のコンセプトみたいです!

株式会社リソウのリペアファンデーションのお試しセットの中身一覧の写真
https://www.risou.com/product/repairfoundation.php

 

「肌に優しいけど落ちにくい」

 

そんなクレンジングミルク
課題を解決した
デパコスに負けないクオリティ

17033

 

 

 

TOPへ